新型コロナウイルス検査結果のデジタル証明書「コモンパス」の 実証実験を実施

ANAとThe Commons Project(以下、コモンズ・プロジェクト)は3月29日発の羽田発〜ニューヨーク行、4月3日現地発のニューヨーク発羽田行のANA運航便において、コモンズ・プロジェクトが世界経済フォーラムと連携して開発を進める、新型コロナウイルス検査結果やワクチン接種履歴を示す世界共通のデジタル証明書「コモンパス」の実証実験を実施します。

「コモンパス」では、検査結果がデジタル証明書として保存され、スマートフォンのアプリの画面を空港係員に提示するだけでスムーズに手続きを進めることが可能です。また、パスポート情報など渡航者の本人確認とともに検査結果やワクチン接種証明が適切な医療機関から発行されたものなのか、最新の検疫基準を満たしているのかなどを、アプリが自動で判定をします。

本サービスは、まず実証実験としてJFK線からスタートします。

詳しくは、こちらの添付資料をご覧ください。

おすすめの記事